体の中で人には言えない場所の悩みは美容外科で解決しましょう!

沢山の人が経験している小陰唇縮小術!

美容整形は表側から見えるところに行うものだけではありません。女性器のように、普段は衣服や下着の下に完全に隠れている場所のことで悩んでいる人も大勢います。女性器の整形のうち、大陰唇からはみ出した小陰唇を縮小させる手術が人気です。そのまま放置しておいても特に健康上の問題はないものの、あまりにも小陰唇肥大が酷いと下着の布地と摩擦が起こって不快感を覚えたり、色素沈着で黒ずみが出来てしまいます。でも美容外科で簡単な手術を受けるだけで、きれいな見た目の女性器に変身させることができるのです。デリケートなところを切除するので、局所麻酔をしてから手術します。注射をする時の痛みが嫌なら、なるべくアルカリ性の麻酔薬を使用しているクリニックを選びましょう。

状態に合わせて最適な方法で手術してくれる

左右の小陰唇をどれだけ小さくするか、縫合用に使用される糸は吸収されるタイプかナイロン製かどうかなど、患者さんの状態やそのクリニックの方針で具体的な治療内容は異なります。とは言っても、おおまかな流れは共通しているので、まずはドクターから話だけでも聞いてみましょう。左右の小陰唇を二つとも縮小する手術がよく行われますが、片方は正常なサイズの場合は切り取るのは肥大化した側だけです。この時、摩擦のせいで黒ずんでしまった部分も切り取れるので、小陰唇の色も本来の状態に戻りますよ。小陰唇は人体の中でも皮膚が薄いところなので、手術後は少し腫れが長引きますが、身体に異常が起こっているわけではないので心配しないでくださいね。

女性器整形は現在では、非常に人気となっており、日帰りで気軽に行える整形です。多くの女性が利用している整形です。