ストレスが原因の体調不良は心療内科に相談しよう

心療内科と精神科どちらを受診すべきか悩んだ時は?

ストレスが原因で、お腹を壊したり胃痛や頭痛などの体の症状がでる場合があります。このように、心の調子が悪く連動して体の不調をきたしている場合は、心療内科に相談することがおすすめです。現代の日本は、ストレス社会と言われています。子供も大人も日々様々なストレスにさらされています。ストレスに対する耐性は個人差があり、ストレスがすぐに体調に現れる人もたくさんいます。心療内科では、不安などの心のケアだけでなくストレスが原因と思われる消化器の不調や倦怠感や疲労感などの体の不調にも対応してくれます。

一方で精神科はより心の疾患に対応する診療科です。アルコール依存症や統合失調症、うつなどの症状がある場合は精神科を受診することがおすすめです。

ストレスに対して心療内科がしてくれること

心療内科では、心の不調が原因の体の不調に対してまずは対症療法をしてくれます。具体的には、ストレスで胃が痛い場合は胃薬を出してくれたり、頭が痛い時は鎮痛剤を出したりしてくれます。

心の不調に対しては長期的に継続した一人一人に寄り添った治療が基本です。不安が強い場合は安定剤を処方したり、不眠が辛い場合は睡眠導入剤を処方したりする投薬での治療がメインの心療内科もあれば、薬に頼らないカウンセリングがメインの心療内科もあります。カウンセリングは費用が高額になることがあるので、事前に確認しておくことが重要です。仕事をしているかどうかや、費用をどこまで出せるかなどの問題と併せて、自分にあった治療法を提供してくれる心療内科を見つけることが大切です。

岡山の心療内科ではうつ病や統合失調症などの精神疾患を取り扱っていて、カウンセラーによる治療も行っています。