妊娠するためにビタミンBが必要な理由について

ビタミンBは神経の働きを助けてくれる

ビタミンBの一つであるビタミンB1には脳の中枢神経や手足の末端神経の働きを正常に保ってくれる作用があると言われています。ビタミンB1が不足すると、脚気が起こる可能性があります。また、食事で摂取した糖分をエネルギーに変えるにはビタミンBが必要不可欠です。したがってビタミンB1は母体の健康を維持する上でとても重要な栄養素の1つであるといえます。健康な母体でなければなかなか妊娠へ出来ないですし、元気な赤ちゃんが生まれません。

ストレスを和らげる効果も期待できる

現代社会は何かとストレスを感じやすく、誰もが何らかのストレスを抱えながら生きています。しかしながら妊娠をする可能性を出来るだけ高くしたいのであれば極力ストレスは溜め込まないようにした方が良いでしょう。ビタミンB群には私たちが日頃知らない間に溜め込んでいるストレスを和らげる効果もあると言われています。私たちの感情の変化には神経伝達物質の分泌が強く関係しています。脳内ではセロトニンやドーパミンやアドレナリンなど、様々な脳内伝達物質が分泌されているのですが、これらが分泌されることによって意欲が湧いたりやる気が出たり、逆に気分が落ち込んだりします。脳内伝達物質がバランスよく分泌されていると穏やかな気持ちで過ごせるのですが、ストレスが溜まることによって脳内伝達物質の働きが弱まり、バランスが崩れます。するとイライラしたり、とても落ち込んだりしやすくなり、場合によってはうつ病などの病気を引き起こす可能性もあります。しかし適度にビタミンB群を摂取することによって脳内伝達物質の働きが正常になり、ストレスが軽減され素のです。

卵子提供とは第三者から卵子の提供を受けることで、早期閉経や卵巣摘出などで卵子が作れなくなった場合、体外受精をする治療法です。