こんなに早く取得できる?免許合宿のメリット

免許取得までに必要な時間

通常の免許を取得するには、運転免許教習所に通うのが一般的です。受講の時間数は道路交通法施行規則によって定められているので、どこの教習所に通っても、学科教習は26時限、技能教習は28時限から34時限の時間が必要になります。自宅から通うとなると、学校やアルバイトの合間に通う方が多いです。混雑状況によっては希望の日に授業が受けられないということもあります。合宿免許では、通常の運転免許教習所と同じ時限数ではありますが、混雑で卒業までの時間が長引くということはありません。夏休みや春休みなど、まとまって2週間から3週間の休みを取ることができるのであれば短期間の間に効率的に卒業できる合宿免許がおすすめです。車両免許では普通二輪や普通自動車がありますが、どちらも合宿免許で取得することができます。合宿免許は20万円から30万円程度かかり、その費用は時期や宿泊場所などのプランによっても異なってくるので確認が必要です。

合宿免許のメリットとデメリット

合宿免許では、他県など地元から離れた場所で開催されているものも多くあります。山間地に近いエリアであれば、スノースポーツを楽しむことができ、海があるエリアはオフの時間はマリンスポーツをする楽しみもあることから、旅行を兼ねて合宿に参加する人が多いです。目的は一緒の免許所得でも、色々な人と出会うチャンスでもあります。効率的に免許取得に集中でき、食事や宿泊も整備されているので安心してオフの時間も楽しめる合宿です。一方で、毎日3時間から5時間程度の参加が必要になるため、集中することが必要になります。多くの人が集まるため、コミュニケーションが苦痛という方は辛い環境になるでしょう。

合宿免許は、短期間で免許を取ることができます。そのため、すぐに免許を取りたいという人におすすめの方法です。