耐震工事は重要課題主な手段を易しく紹介します

特に日本では耐震工事を心がけたい

耐震診断、耐震補強を推進する団体により、2006年から2019年までの耐震調査が発表されました。なんと木造一戸建ての8割強が、現耐震基準を満たせていないといいます。大雨による水害、相次ぐ台風による風害、そして日本どこでも避けようのない地震。たびたびの自然災害は、建物の耐久度を容赦なく削ります。

大災害へ備え、我が家の耐久性を万全にしておかねばなりません。耐震工事はその選択肢のひとつです。柱や接合部を補強したり、耐震壁や軽負担素材を導入したり、補強手段は様々。保険や避難経路の確保も重要ですが、やはり災害後も住むことができる住宅を目指したいものです。

主に3つの手法を講じることができる

耐震工事は大きく3手法に分かれています。かいつまんで説明していきましょう。

耐震
建物の構造を補強し、地震に耐えられる住宅を目指します。どんな建物も、建築法に従って耐震加工されますが、老朽化は避けようがありません。壁や柱が破損しないことは災害対策の基本です。まず考慮すべき手法でしょう。

免震
地震の影響を抑え、住宅への負担を軽減する手法です。振動を吸収できる物質を敷き、建物全体の揺れを抑える、などが挙げられます。耐震性は抜群ですが、地盤との密着率が低下し、風害や水害のリスクは高まってしまう欠点があります。

制震
地震を前提とした特殊構造を導入します。たとえば、五重塔が有名ですね。1本の支柱を通し、そこへ1層1層、全5層を重ねる構造です。地震で1層目が大幅に傾くと、2層目はそれを相殺しようと、わずかにしか傾きません。5層あるため、地震のエネルギーを5回相殺できるわけです。

中古の建機のオークションでは、ユンボやブルドーザーなどの建設機械はローンを組んで購入することができます。